SIGN UP
LOG IN
HOME

お部屋公開専門サイト ルームフレーバー 見せて!見つけて!あなたらしい暮らし方


お部屋公開中


 HOME  > SPECIAL LIFESTYLE

都心の真ん中でレトロに住まう 版画家・大西信之氏の生活空間

それは、九段下駅近くの靖国通り沿いにある昭和初期に建てられたビルの一室である。版画家、大西信之氏はこの部屋に住んで7年以上になる。

築80年余の歴史が染み込んだ建物が持つ独特の風情は、レトロ--まさにその言葉がふさわしい。
単に古いというだけではない。昔の日本の住宅には珍しい贅沢な空間の取り方、ドアや窓枠のディテールなど、建築当時はかなりハイカラだったのではないかと想像される。聞いた話では、昔GHQの通訳をしていた人やフランス帰りのピアニストが住んでいたこともあったとか。いったいどれだけの人生を黙って見てきたのだろうか。

入ってすぐの部屋(リビング)。ソファは日本で購入した物だが、相当こだわって選んだため違和感がないアメリカンテイストな形と色・柄のソファ 。

そんな貴重に思える建物だとしても、惜しみなく解体してすぐに新しい建造物を建ててしまうのが東京の常。幸いにもここは部屋ごとに地権者が違ったため、何度もその危惧からまぬがれてきた。

もともと知人が住んでいたそうだが、大西氏が入居することになったときも「いつ解体になるか分からないし、もしそうなったら出てもらうことになります」と予め釘を刺された。逆に「いずれ解体するので好きなようにしていい」という点は、アーティストである彼にとって大きな魅力だった。

奥のダイニングキッチンは低くなっていて土間のような作りになっている。小さいロフト付き

卓越したデザインは時代を超えた良さがある。レトロの一言で片付けられないノスタルジックな感覚が彼は大好きで、特にアメリカの古物には目がない。
個展の際に訪れた各地のフリーマーケットで入手したコレクションがあちこちに置いてあって、部屋の趣を一層引き立てている。その世界観は作品の中にもみごとに表れていて、彼の趣味嗜好を知れば、なぜ生み出された物なのか理由がよく分かる。

リビング横の部屋には古いピアノ。ジャズシンガーの友達が訪れて突然ライブが始まることも

イラストレーターだった大西氏が版画に転向したのは1989年のこと。墨絵のような繊細さと大胆さが混在するタッチで描かれたアメリカの風景は、味わい深く、郷愁を感じさせる。
眺めているうちにどこからともなくスイングジャズが聴こえてくるようだ。実は、正直言って日本国内よりもアメリカでの評価の方が高い。それは彼の作品に、忘れられていたアメリカ文化の良さを逆輸入したような発見があるからかもしれない。

冷蔵庫のフォルムについては妥協できなかった。厨房はプロ仕様のものを入手。ダクトや配管もわざとむき出しに。

新しい物というのはいくらでも、どんな風にでも作ることができるが、一度壊してしまった古い物は、現代の技術を駆使しても全く同じ様に再現することは難しい。
ここ数年、若い人達にミッドセンチュリーの家具が人気だったり、あえて復刻版のような物が発売されたりしているのも、ただ「どこか懐かしい感じがするけど新鮮」ということよりも「もう二度と同じ物は作られない」ということの方が大きい気がする。

東京もニューヨークの様に、もっと古い建物の良さを大事に、上手に存続できないものだろうか。と考えさせられることが多くなった今日この頃だが、まさにそれを実践しているのが大西氏なのである。

【大西信之氏の個展情報】
『DEDICATED TO VAN GOGH』(ファン・ゴッホに捧げる)
2005年9月20日(火)〜10月1日(土)「and ZONE」にて
新宿区四谷4-28-4 YKBエンサインビルB1F
TEL&FAX:03-3341-0849 15:00〜23:00 ※日曜祭日休み

玄関前に立つ大西氏
プロフィール
大西 信之(Nobuyuki Ohnishi)

墨絵を彷彿させる独自の版画世界を築き上げ、アメリカで高い評価を得ているアーティストである。

日本人で初めてシアトル現代美術館COCAで展示を行ったばかりではなく、ニューヨークのART54、ロサンゼルス・アート・バンクなど全米各地で開かれる展覧会は常に注目を浴びている。

アメリカのアニメ事情にも精通。最近はペインティングにも力を入れている。

1956 東京生まれ
1980 武蔵野美術大学在学中、唐十郎率いる状況劇場「青頭巾」の舞台背景を描いたのが縁で寺山修司監督の映画「上海異人娼館」美術助手をつとめた。その後、遺作となった「さらば箱船」にも携わる
1989 版画の制作を開始
1990〜 サンフランシスコ「コレクト・エア」グループ展を皮切りにニューヨーク、ロサンゼルスなど全米各地で個展を開催
1996 シアトルCOCAで「ジャパニーズ・ポップ・カルチュア・アーケード」グループ展 に招待される
1998〜 その後も精力的にニューヨーク他各地で個展やイベントを開催
2004 カナダ「トロント・コングレス・センター」個展
間取り(広さ)/3LDK+ロフト 70平方メートル
居住(利用)年数/7年
好きな色/エボニー&アイボリー
好きな食べ物/アメリカ料理
好きな有名人/ジャニス・ジョプリン
好きな音楽/アメリカ音楽全般
好きな本/レイ・ブラッドベリ
趣味/コンテンポラリー・アート、日米比較文化論、ポップ・カルチュアの研究

MY PAGE

ログインID  
パスワード  
次回から自動的にログイン


MyPageログイン
メンバーになろう!
QRコード
スマートフォン版表示




バナー


ニュース
【2016年】富士フイルムの写プライズサイトで公…
2016.01.04

ハンドメイドパーティータイムズ 企業コラボレ…
2014.02.18

NEW【ルームモデル活動】活用事例 追加しました
2014.02.05

【NEW!】スマートフォン対応のお知らせ
2013.01.11


READ MORE


セレクトニュース
[蚊取り線香]今日の注目のルームフレーバー
2017.08.01
[ハーブティー]今日の注目のルームフレーバーrev…
2017.07.20
[梅雨バテにスパイス]今日の注目のルームフレー…
2017.05.26
[ルバーブ]今日の注目のルームフレーバーrevival
2017.04.25

READ MORE





バナー


▲ ページの先頭へ