SIGN UP
LOG IN
HOME

お部屋公開専門サイト ルームフレーバー 見せて!見つけて!あなたらしい暮らし方


お部屋公開中


HOMEセレクトニュースリスト > セレクトニュース

セレクトニュース

[てるてるぼうず]今日の注目のルームフレーバー



沖縄の方では梅雨明けしたそうですが、
まだまだ全国的に梅雨真っ盛りですね。
恵みの雨ではあるのですが、せっかくのお休みや
お出掛けの予定が雨になってしまうとちょっとがっかり。
そんな時のおまじないの1つが「てるてるぼうず」です。

軒先に吊るされる「てるてるぼうず」。
正立(頭が上)の状態で軒先などに飾ると、
明日の天気が晴れになると言われています。
一般的には白い布や紙に丸い芯を入れ、根元で縛ったものを吊しますよね。
地域によっては「てるてる法師」、「てれてれ坊主」、
「日和坊主(ひよりぼうず)」などさまざまな呼び方があるそうです。
また一部地域などでは、逆さに吊るしたり、
黒い坊主にすると逆に翌日は雨になると言われています。


てるてる坊主は、中国から入った風習といわれていて、
中国では、白い紙で頭を作り、赤い紙の服を着せ、ほうきを持たせた女の子の人形を、
雨が続く時に軒下につるして晴れを祈る風習だったそうです。
彼女の持つホウキで、空の雲を掃きだしてしまおうというもの。

この風習が江戸時代に伝わり(一説には平安時代とも)、
当初は「照る照る法師(てるてるぼうし)」と呼ばれていたものが、
後に「照る照る坊主(てるてるぼうず)」になったそうです。
女の子から男の子の姿に変化した理由は定かではないそうですが、
日照りを願う僧侶や修験者が男性であったことや、
人形が頭を丸めた坊主のようであるところからではないかと言われています。

江戸時代の風習では最初は顔を描き入れないでおき、
見事晴れることが叶ったならば、目を入れ、神酒をかけた後に川に流していたそうです。
願いが叶ったら目を入れるのはなんだかダルマにも似ていますね。

今ではこの風習は薄れ、最初から可愛らしい顔を描くようになっていますよね。
楽しい行事の前に吊るすことが多くなったからか、
気分を盛り上げる為の小道具の一つとも言えそうです。
素材も白い布や紙だけではなく、カラフルなはぎれなどで作られた可愛らしい物も。
梅雨時期を楽しむインテリアとして、可愛いてるてるぼうずを作ってみませんか?



西荻ママンさん「真っ赤なてるてるちゃん」



*詳しくはこちらから⇒http://www.roomflavor.com/room.php?1182







MY PAGE

ログインID  
パスワード  
次回から自動的にログイン


MyPageログイン
メンバーになろう!
QRコード
スマートフォン版表示




バナー


ニュース
【2016年】富士フイルムの写プライズサイトで公…
2016.01.04

ハンドメイドパーティータイムズ 企業コラボレ…
2014.02.18

NEW【ルームモデル活動】活用事例 追加しました
2014.02.05

【NEW!】スマートフォン対応のお知らせ
2013.01.11


READ MORE


セレクトニュース
[蚊取り線香]今日の注目のルームフレーバー
2017.08.01
[ハーブティー]今日の注目のルームフレーバーrev…
2017.07.20
[梅雨バテにスパイス]今日の注目のルームフレー…
2017.05.26
[ルバーブ]今日の注目のルームフレーバーrevival
2017.04.25

READ MORE





バナー


▲ ページの先頭へ